【かんたん解説】一番わかりやすいコーヒーの選び方

最終更新: 2019年1月18日



「私にぴったりなコーヒーはこれ!

好みのコーヒーが見つかるように、この記事ではコーヒー選び方をご紹介♩

カンタンな3つのステップでお伝えします。

キーワードは「色」です!


ステップ1→色で選ぼう


・明るい色=浅煎り=酸味のあるコーヒー

・暗い色=深い=苦味のあるコーヒー


上記のように、焙煎度によって色が違うのです。

写真で比べてみると一目瞭然!


浅煎り(明るいフレーバー)


中深煎り(バランス)


深煎り(深みのあるフレーバー)


まとめ:色(焙煎度)によって、酸味と苦味が変わり、コーヒーの味が決まる。


*****************************************************


ステップ2→好みを選ぼう

色と味の関係がわかると、次は好みを焙煎がわかってきます!

良質なスペシャリティコーヒーだと以下のような印象になります。


***************************************************************************

浅煎り→明るい色のフルーティーなコーヒー

深煎り→ダークな色の深みのあるコーヒー

中煎り→バランスのとれた中煎りのコーヒー

***************************************************************************


好みが少しずつ見えてきたら幸いです。

”最高のコーヒーとは、自分が好きなコーヒーのこと”

アルケミストコーヒーはそう定義しております。



ステップ3→ぴったりなコーヒーを選ぼう

味のバランス、焙煎度がわかると、あとは自分にぴったりなコーヒーを選ぶだけ!トッコーヒープスペシャリティコーヒーだから創り出せる、明るい色のフルーティーなコーヒー、ダークな色の独自風味が溢れる深みあるコーヒー、それともバランスのとれた中煎りのコーヒー。アルケミストコーヒーが特にオススメする異なるキャラクターのコーヒーもご紹介。

イルガチェフェ・エチオピア(浅煎り)

ベリーのような風味が特徴。

紅茶にも似た味が楽しめることで北米のコーヒーショップでも大変人気のコーヒー豆です。"驚くほどの華やかな香り"で”コーヒーは苦いから苦手”そんな方にこそ是非楽しんでいただきたいコーヒー。


カサブランカ・ニカラグア(中煎り)

ナッツのような風味が特徴。

バランスの取れた味で、嫌な苦味もなく、まさに正統派コーヒーと言えます。1日のどんなシーンにも合ういつまでも飽きの来ない味をお楽しみいただけます。


マンデリン・インドネシア(深煎り)

大地を感じる独自の風味が特徴。

”大地のような”と表現されるマンデリン独自の風味をお楽しみいただけます。深入りにも関わらず(深煎りにすると通常風味が減っていきますが)、その独自の風味は変わることなく口元へ運ばれます。一度飲んだら癖になる、そんなマンデリンらしさをお楽しみいただけます。


様々な選び方がありますが、

もっともシンプルで、もっともわかりやすい選び方をご紹介しました。


毎日を特別にする、ライフコーヒーが見つかりますように。


飲食店様はこちら→

スペシャリティコーヒー豆の専門焙煎所

住所 札幌市中央区宮の森三条13丁目5-18  tel 050-5216-5570  Email alchemistcoffee4949@gmail.com

  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Flickrの - 灰色の円